FAQ

よくあるご質問

家庭用浄水器

A. 製品により異なります。据え置き型タイプのものは基本的に工事不要でご自身で取付け可能です。
セントラルタイプのものは工事を伴いますので、お近くの水道設備工事等を行っている会社へお問合せ頂く必要があります。

A. カートリッジ交換は弊社社内の適切な環境の下で行います。お手数です弊社までご連絡ください。

A. 塩素がきちんと除去出来ているかを調べる試験薬(DPD試薬)を当社で販売しております。お一人様初回に限り2包まで無料でお送りしておりますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

A. はい。据え置き型タイプの浄水器でしたら持ち家でなくても基本的には簡単に取付け可能です。蛇口先端のかたちがシャワータイプのものなど、以下の【取付け可能な蛇口例】のどれにも当てはまらない場合は取付け出来ませんのでご了承ください。

【取付け可能な蛇口例】
・泡沫水栓(外ネジ):一般的な泡沫水栓。TOTO、INAX、MYM、GROHE、MOEN、YANMARなど。
・泡沫水栓(内ネジ):KVK、GROHE、MOENなど。
・丸形水栓(ふくらみ有り):先端にふくらみがある。ふくらんでない部分の直径が16㎜、17.5㎜、19㎜。
・丸形水栓(ストレート):先端がストレート。蛇口の直径が24㎜以下。

A. どこから漏れているか等、状況により対応が異なりますので、お手数が購入した販売店様もしくは弊社へご連絡ください。

水素風呂入浴器

A. クエン酸を使わなくても水素は発生しますが、クエン酸を加える事で水素の発生量を増やす事が出来ます。ただし、専用クエン酸をご使用される場合は下記の点にご注意してください。

・クエン酸の使用量、水質、お客様のご使用環境など諸条件によっては、風呂釜や配管、浴槽機器、お風呂まわりの金属製部品が錆びたり、破損する原因になる場合があります。
・クエン酸を使用することで浴槽内に「ぬめり」が残ることがあります。滑らないようにご注意ください。

A. マグネシウムコアだけでも水素を発生させますが、浴槽内に水素が満ちるまで時間がかかってしまいます。最初にクエン酸を使って一気に水素を発生させることで、すぐに水素たっぷりのお風呂に入ることができます。

A. ご使用後は必ず「Pingy H2専用カートリッジ」を本体ケースから取り出し、乾いたタオル等で水分を拭き取ってください。その後、水やアルミ、金属類に触れない場所で乾燥させてください。湿気や水蒸気とも反応しますので、浴室内で乾燥させる場合は換気扇をつけてください。浴室外で乾燥させることをお勧めします。上記行為を行わないとマグネシウムが著しく劣化してしまいますのでご注意ください。

A. 一般的なお風呂でのご使用で2~3年ほどを想定していますが、ご使用環境により異なります。

A. マグネシウムはどんどん小さくなってきます。塊が二つに割れたり、約半分くらいの大きさになった時がかえ時になります。

A. マグネシウムはどんどん小さくなってきます。塊が二つに割れたり、約半分くらいの大きさになった時がかえ時になります。

A. 万が一お風呂の水を飲んでしまうとお腹がゆるくなってしまう恐れがありますので、お控えください。

A. 使用できますが、井戸水は水道水よりミネラル分が多く含まれますのでピュアMgの寿命が短くなります。

A. クエン酸の使用により、酸性値が上がります。ご使用環境によりますが、クエン酸の使用が錆びなどの原因となる恐れがあります。クエン酸の使用量を減らすか、ご使用を控えるなどの対応をお願いします。

A. お湯とピュアMgが反応することで水素と水酸化マグネシウムが発生します。この水酸化マグネシウムが被膜となって黒くなってしまいます。このような場合は、クエン酸を2~3袋加えたお湯(水)にピュアMgを30秒ほど浸してください。被膜を取り除く事ができます。

水酸化マグネシウムは昔から「便秘」や「咳止め」に使われる安全物質ですので、問題ありません。

A. 24時間循環風呂では使用できません。クエン酸により24時間循環風呂が破損する恐れがあります。

A. 温泉もミネラル分が多く含まれています。ピュアMgの寿命が短くなりますのでお勧めはできません。

A. 入浴剤との併用はお勧めできません。ピュアMgの表面が著しく変化を起こす場合があり、水素の発生量やピュアMgの寿命の減少となります。

A. 入浴剤との併用はお勧めできません。炭酸ナトリウムがPH値をあげてしまい、水素の発生を抑えてしまいます。

A. 水とマグネシウムで水素と水酸化マグネシウムができます。
気発してるものは水素ガスですが本来水素ガスは無臭です。
ただ、クエン酸を入れると水酸化マグネシウムが剥離されてマグネシウムに戻る際、においが発生する場合がありますが水酸化マグネシウムは整腸剤でも一般的に使用されているもので人体に害があることはございませんので安心してご使用ください。

A. 規定量以上のご使用はお勧めできません。クエン酸の使用量、水質、お客様のご使用環境など諸条件によっては、風呂釜や配管、浴槽機器、お風呂まわりの金属製部品が錆びたり、破損する原因になる場合があります。

A. 飲用には適しておりません。絶対に飲まないでください。

A. 水素水は、サビや劣化の原因「酸化」を引き戻す、「還元力」に優れています。酸化還元力の単位を「酸化還元電位」といいますが、この数値がプラスなほど酸化しやすく、マイナスなほど還元しやすいことを表しています。水素水は酸化還元電位がマイナスの、還元水です。

A. お湯に水素がたくさん溶け込み、酸化還元電位がマイナスになっているお風呂です。水素入浴では皮膚から体内に水素をとり入れることができます。ちなみに、名湯といわれる温泉の多くも、酸化還元電位がマイナスです。

A. お湯に水素がたくさん溶け込み、酸化還元電位がマイナスになっているお風呂です。水素入浴では皮膚から体内に水素をとり入れることができます。ちなみに、名湯といわれる温泉の多くも、酸化還元電位がマイナスです。

A. 肌にハリやツヤをもたらすので、エステティック業界でも注目され、新しい利用方法が広がっています。

A. 本体からMgコアを取り出して、ステンレスたわしや金属ブラシなどで磨き、クエン酸を溶かした水に入れて下さい。詳しくは、購入された際に取り扱い説明書がありますので、そちらをご確認下さい。 クエン酸は市販のもので対応できます。

A. 本体からMgコアを取り出して、ステンレスたわしや金属ブラシなどで磨き、クエン酸を溶かした水に入れて下さい。詳しくは、購入された際に取り扱い説明書がありますので、そちらをご確認下さい。 クエン酸は市販のもので対応できます。

A. 水素が、生命エネルギーの活動にとって、一番大切な元素としての役割を担っていることが近年発見されました。宇宙が生み出した水素の機能の役割は、いまだに人体60兆個の細胞の隅々に水として残っています。生物の活性エネルギーやATP酵素の産出など、すべて水素イオンのエネルギーが大きな影響力を持っていることに様々な研究の結果、わかってきました

A. ①水素水から生まれる低電位、還元力という電気化学的特性が存在する。
②水素の分子量は1で、極めて小さく吸収性も高くほとんどの物質を通過する。水素水は体内および細胞にもくまなく行き届き、ミトコンドリアや核などに直接作用し、 また、生命の微小分子モーターのエネル ギー源となる。
③水素は酸素(活性酸素)と反応して、水に変わる極めて安全性の高い物質。

A. 1)活性酸素とは
活性酸素は細菌やカビやウイルスから守ってくれる役割があります。しかし細胞を酸化させる作用もあり、釘が酸素と結びついて赤くさびてしまうように、 人の身体も活性酸素による酸化で老化してしまいます。
活性酸素は生活習慣病につながるという仮説もあり、増えすぎると人にとってはありがたくない物質です。人は生きていくために呼吸を行いますが、身体に取り込まれた酸素の約2~3%が活性酸素になると言われています。
活性酸素は通常の酸素の電子が不安定になることで発生すると考えられています。
そんな活性酸素を還元してくれると期待されているのが水素水です
。 2)水素水の働き
ビタミンCは抗酸化作用として有名なのがですが、水溶性なので細胞膜を通過しにくいというデメリットがあります。
しかし水素は水にも油にも溶ける性質があり、細胞膜を通過して身体に行き渡りやすいというメリットがあります。
水素が細胞を酸化させている悪い活性酸素(ヒドロキシラジカル)と結びつきます。すると、水素が燃えると水になるのと同じように、身体に無害な水へと変換してくれます。
2OH+H2=2H2O

A. 水素の発生には次の方式があります。
・電気分解  水素を発生するとき、金属イオンが発生するため不安が残ります。
・水素発泡入浴剤 水素濃度が一度にあがるので長い時間お風呂に入る方には不向き
・マグネシウム  一度水素は発生すると約8時間水素が保たれます。また不安な成分が入っていないので最もおすすめです。

クエン酸とマグネシウム クエン酸の溶液にマグネシウムが入ると同時に激しく反応し、泡立ち水素が発生します。これは、クエン酸が持っている官能基(カルボキシル基)がマグネシウムイオンと反応し、そのカルボキシル基からクエン酸 モルあたり水素が3モル発生するといわれています。

A. 水素の飽和状態はご使用されておりますお風呂場の環境(お風呂の大きさや換気状態など)によってかわってきますので、確定した時間をお伝えする事は出来ませんが、お湯の中にマグネシウムとクエン酸を入れて約70分までは水素の数値が上昇する事が確認できております。

ホーム > よくあるご質問